ニカラグア・ブエノスアイレス農園ジャバニカ 中煎り (100g入)

ニカラグア・ブエノスアイレス農園ジャバニカ 中煎り (100g入)

販売価格: 1,000円(税別)

挽き方:
数量:
ブエノスアイレス農園は、ニカラグア北部、ホンジュラスとの国境に接するヌエバセゴビアにあります。
現在は、Luis Emilio氏、Olman氏の兄弟で農園を管理し、3代に渡り、コーヒー作りに人生を捧げています。



ブエノスアイレス農園では、12月から3月の間に収穫が行われ、赤く熟したチェリーだけをハンドピックしています。
完全完熟実のみを摘みとるように、ピッカーに指導し、その後、収穫されたチェリーの中に未完熟チェリーが混ざっていないかもう一度確認し、もし混ざっていたら取り除くようにしています。

収穫されたチェリーは、農園から車で約20分のところにあるWet Millに運ばれ、パルピング後、醗酵槽に入れられます。
醗酵工程終了後、パーチメントは水路で洗われます。このWet Millにある醗酵槽と水路は、きれいにタイル張りされており、掃除がし易くなっています。水洗処理に必要な水は、農園の湧き水を利用しています。



水洗処理後のWet Parchmentはトラックに載せられ、約15分のところにあるDry Millに運ばれ、乾燥させます。
Dry Millには、Cuppingラボがあり、Olman氏自らCuppingを行い、品質管理に努めています。

品種は、ジャバニカ種です。
エチオピアを起源とするロングベリー系の品種が、インドネシアからニカラグアへ伝播。
フローラルな印象が魅力的です。

【エリア】Dipilto, Nueva Segovia
【農園名】Finca Buenos Aires
【生産者】Luis Emilio, Olman
【標高】1200〜1550m
【品種】Javanica
【プロセス】Fully Washed
【カッピングコメント】floral, orange, caramel

商品詳細

内容量 100g/1袋
焙煎度合 中煎り